SEO事業部専門書ドットコム HOME > 2011年06月

出版社連合による書籍モール「ブックパブ」がオープン

 出版社連合による書籍モール「ブックパブ」が6月20日にオープンする。

 同モールは、ソフトバンククリエイティブ、主婦と生活社、商業界、C&R研究所、西東社、万来舎、分散型発電情報センター、三和書籍の8社を幹事会社とするブックバブ出版社連合が立ち上げるもので、専門書9 件/実用書を提供する電子書店としてブックパブを共同で運営していく。運営主体は三和書籍とモバキッズ。

しくはこちらから(6/18 eBook USER)

専門書の買取ガイド

医学書や高いマニュアル本などさまざまな専門書を高く買い取ってもらうための方法についてやさしく解説


国内有数の韓国専門図書館が閉館へ

 戦後50年にあたる1995年、当時の村山富市首相がアジアとの歴史問題を踏まえて打ち出した「平和友好交流計画」の一環で開設された国内有数の韓国専門図書館が、財政難のため今月末で閉館する。蔵書約2万6千冊は、国内の大学など数カ所に分散して寄贈される方針だったが、研究者から「貴重な文献が散逸してしまう」と懸念の声が上がり、具体的な寄贈先はまだ決まっていない。

詳しくはこちらから(6/23 asahi.com)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
専門書ドットコム SEO事業部では専門書に関する様々な情報を提供していきます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

専門書・実用書の電子書籍モール「ブックパブ」

 一般社団法人日本電子出版協会(JEPA)は、出版社連合による電子書籍モール「ブックパブ」がオープンしたと発表した。必要最低限のDRM(コピーガード)とし、PDF/EPUBフォーマットで販売するため、ユーザーの好みの端末/ビューアーで閲覧できるのが特徴だとしている。

詳しくはこちらから(6/21 INTERNET Watch)

古本 買取なら専門書買取ネット

専門書買取ネットは、独自の古本流通ネットワークとシステム化により、専門書を中心とする各種古本を、全国どこでも驚きの簡便さでお引きとりして、高価格買取しております。おかげさまで毎日、日本全国からご利用いただき、多くのお客様にリピートでご利用いただいております。

詳しくはこちらから

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
専門書ドットコム SEO事業部では専門書に関する様々な情報を提供していきます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

岩出図書館、来館者100万人

岩出市立岩出図書館の来館者が10日、100万人となり、同市南大池の芝崎有紀さん(42)と次女の保育園児、夢来ちゃん(4)に、花束と市のイメージキャラクター「そうへぃちゃん」のぬいぐるみが、中芝正幸市長からプレゼントされた。

 同図書館は平成18年4月開館。蔵書は本館が約17万3千冊、分館、分室4カ所を合わせると21万1300冊を誇る。幼児用絵本や小説、専門書など分野は広く、来館者は1日約700人で、5年目で100万人を達成。100万人目を迎えてくす玉が割られ、芝崎さん親子は「返却にきたのにラッキー。いい記念になります」と喜んでいた。

凸版印刷、被災地回る移動図書館展開へ

 凸版印刷(千代田区神田和泉町1)をはじめとするトッパングループは7月11日から、移動図書館「ブックワゴン」を開始する。

 「ブックワゴン」は、宮城県を中心とした東日本大震災被災地の仮設住宅地域を巡回する移動図書館。「本に触れてもらうことで『心のケア』の一助になれば」など同社社員が企画した取り組みで、参加者を社内で公募。社員が図書の貸し出し業務などブックワゴンのスタッフとして活動する。

詳しくはこちらから(6/9 アキバ経済新聞)

工学専門書ショップ

主に半導体、電子材料、化学、通信、バイオ、環境、製薬などの分野の専門書・技術書をふんだんに掲載。ボーダレスに進行する最新テクノロジー領域で研究開発に従事される方にオススメのショップです。

伝統手品350種紹介

 江南市在住で元短大教授の河合勝さん(65)=写真=がこのほど、日本で古くから披露されてきた手品の演目を集めた専門書「日本奇術演目事典」を出版した。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
専門書ドットコム SEO事業部では専門書に関する様々な情報を提供していきます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ショップ
href="/"