SEO事業部専門書ドットコム HOME > 2011年05月

「専門書.jp」専門書の新刊&ランキング情報満載

『専門書.jp』では、専門書から一般書籍まで様々なジャンルの書籍を取り扱っています。最新ニュースや特集ページなど情報も満載です。

専門書の情報ネット 出版ダイジェスト.net

出版ダイジェストは、読書家にとって、また研究・教育関係者など専門書にこだわる人にとって必読紙です。

愛媛大付属病院:看護師常駐、患者図書室を開設

 東温市志津川の愛媛大医学部付属病院は23日、医療関連書籍をそろえた患者図書室「ひだまりの里」を開設、内覧会で関係者に披露した。看護師も常駐し、患者が自分の病気や治療などを調べて学ぶ環境を整え、納得の医療や患者への説明の質・効率の向上を図る。一般利用は24日から。

セブンネットショッピング/医学会関連書の専門店開設

セブンネットショッピングは5月16日、こだわり専門店コーナーに医学会関連書専門店を開設した。
医学会関連書専門店は、医療系専門書に強みをもつ出版社と連携して、医療系の学会を切り口に関連する商品を取り扱う専門店。
詳しくはこちらから(5/20 流通ニュース)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
専門書ドットコム SEO事業部では専門書に関する様々な情報を提供していきます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「患者図書室あかね」開設

大村市の長崎医療センターはこのほど、医療全般の書籍を所蔵する県内初の「患者図書室あかね」をセンター内に開設した。患者や家族に病気や治療に関する理解を深めてもらい、納得して医療に参加してもらうのが狙いで、約600冊の書籍をそろえている。

蔵書10万冊の私設図書館、震災から立ち直る

 茨城県筑西市乙の専称寺住職、遠藤勝三さん(73)が、私費を投じて運営する図書館「専称寺文庫」を再開させた。

詳しくはこちらから(5/16 読売新聞)

「太陽電池」のキホン

元東京農工大副学長の著者は、太陽電池を支える半導体材料の専門家。オール電化のエコ住宅で15年かけて収集したデータを駆使し、太陽電池と半導体デバイスの技術的な性質や特徴を分かりやすく説く。

 目指すのは「一般向けと専門書をつなぐ解説書」。だから中級編までは「太陽電池は暑さが苦手」など、ちょっと意外な事実を誰でも楽しめる。

広島県立図書館の改革 特色ある「知の拠点」に

何のためにある図書館なのか、分かりにくい。そんな声もあった広島県立図書館が4月から運営方針の改革に乗り出した。
 ベストセラーなどは控え、ここにしかない専門書を増やす。県内の市町や大学との図書館ネットワークの拠点となる。それが基本的なスタンスだという。

詳しくはこちらから(5/9 中国新聞)

電気自動車 - 電気とモーターで動く「クルマ」のしくみ

初心者向けにわかりやすく書かれた良書だと思います。
電気自動車やモータの本というと数式が羅列されている本がありますが、この本は数式は最小に抑えられて概要を理解させるのに重きを置いています。

購入はこちらから

専門書情報を募集しています。

SEO事業部専門書ドットコムでは各種専門書情報を募集しています。

ショップ
href="/"